すでにワールドカップ出場への望みは絶たれていた。しかし、ベネズエラの選手たちは国の威信を守るため、いかなる誘惑にも屈せず、戦い抜いたようだ。試合後に明るみになった仰天エピソードを英紙『サン』が伝えている。 現地時間10月10日に敵地でパラグアイとのロシア・ワールドカップ南米予選に臨んだベネズエラは、グループ最下位に沈み、最終節を前にいち早く予選敗退が決まっていた。 それでも予選突破の可能