アメリカの10代の若者の82%が、次に買うスマートフォンとしてiPhoneを考えていることが調査により明らかになりました。10代のiPhoneへの興味が82%と過去最高に米投資銀行のPiper Jaffrayが同国10代の若者向けに行なった調査で、iPhoneの購入に興味があると答えた若者は82%と、今年4月の81%をさらに上回り、過去最高を更新しました。 TrueDepthカメラが内側に向けられたiPhone Xの発表が若者のiPhoneへの興味にさらなる