日本共産党の井上哲士参院議員は5日放送のBSフジ「プライムニュース」に出演し、総選挙(22日投開票)の争点である北朝鮮問題や安全保障政策をめぐり、各党代表と議論を交わしました。井上氏は、安倍晋三首相が北朝鮮情勢を引き合いに「国難突破解散だ」と冒頭解散したことについて、「与野党が臨時国会で北朝鮮への抗議の本会議決議をあげることを合意していたのに、冒頭解散をしてつぶしながら何が“国難”だ」と指摘。