『Inside』は13日、「リビアサッカー連盟は、チュニジアとのワールドカップ予選を再試合にするようFIFAに要求した」と報じた。 問題の試合は2016年11月11日に行われたリビア対チュニジア。試合は0-1というスコアで終わっており、敵地で戦ったチュニジアが勝利している。 しかし50分に決まったハズリのPKについては、リビア側からオフサイドではないかという指摘があった。さらにこの場面ではリビアのDFアリ・サラマが退場している