民進党から所属議員が離党する動きが再び始まった。前原誠司代表の新体制になっても「離党ドミノ」が続いている格好で、党内には他にも離党を検討している議員が複数いる状況。「前原代表なら党が割れない」と期待された新執行部だけに、ますます苦境に立たされている。13日、民進党本部。鈴木義弘衆院議員(比例北関東)が離党届を大島敦幹事長に提出した。離党の意思は12日に大島氏に伝え、慰留されたばかり。「政治的な