今月8日、日本の脚本家・布勢博一が手掛けた、白血病患者にスポットを当てた舞台「友情〜秋桜のバラード〜」の中国初公演が 浙江省寧波市で開催中の「アジア アート フェスティバル」で行われた。中国新聞網が伝えた。【その他の写真】同舞台は、白血病患者を中心に感動のストーリーが展開され、観客にとっては健康、病気などについて考える機会となる。また、強いつながりを通して友情の奥深い意味についても教えてくれる。同舞台