大根やモヤシなどをスーパー店頭で「1円」で販売したのは、独占禁止法違反(不当廉売)にあたる恐れがあるとして、公正取引委員会が愛知県内のスーパーマーケットチェーン2社に警告する方針を伝えたことがわかった。独禁法は、過度の安売り行為は他社の事業活動を不当に妨げる恐れがあるとして禁じている。警告を受けるのは、カネスエ商事(本社・愛知県)と、ワイストア(同)。ともに愛知、岐阜、三重で地域密着型のスーパ