焼き鳥店チェーン「鳥貴族」(大阪市)が13日発表した2017年7月期決算は、純利益が前年比1・4%減の9億6700万円となり、5年ぶりの減益だった。新規出店に伴う費用や、人件費が上昇したことが利益を圧迫したという。売上高は19・7%増の293億円だったが、本業のもうけを示す営業利益は8・7%減の14億円に落ち込んだ。全品280円(税抜き)均一の低価格メニューで若者らの支持を得たが、従業員の時給