相続税法の改正で、それまでの財産総額6000万円以上から3600万円以上の人まで課税対象となった(法定相続人が1人の場合)ため、これまで以上に多くの人が「節税せねば!」という気持ちになっている。墓や仏壇、仏具などは控除の対象になるので、生きている間に買うという節税法がある。だが、『やってはいけない相続対策』(小学館新書)の著者で、元国税調査官の大村大次郎氏はこういう。「モノは購入した瞬間から価値が目減り