(13日、高校野球天理6―0大垣日大)「天理のバレンティン」が2打席連続本塁打でチームを勝利に導いた。4番の神野太樹(3年)は二回、バックスクリーンの右へライナー性の先制弾を放つと、四回は高々と打ち上げ、左翼席へ放り込んだ。どちらもフェンスを軽々と越える一発。「1本目は今までで一番の当たり。2本目は、あんなに飛ぶとは思わなかった」。きりっと上がった眉を少しだけ下げ、うれしそうに振り返った。