英オックスフォード大学の研究によると、夜の睡眠時間が9時間を上回ると、悪夢を見やすくなるという。関連論文は学術誌「Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology」に掲載された。新華社が伝えた。研究者はオンライン調査により、被験者846人が2週間内に悪夢を見る頻度を分析し、悪夢によるうつの程度、睡眠時間の長さ、及び日常生活における憂慮・猜疑・幻覚、アルコール摂取量とストレス状況を調べた。その結果、9時間以