セキュリティ専門企業のMWR InfoSecurityによると、2015年・2016年版のAmazon Echoに設計上の脆弱性が報告されており、悪意ある攻撃者がLinux OS上でルート権限を取得しシェルにアクセスしてマルウェアをインストールすることが可能とのこと。これによって、そのほかのAmazon Echoの機能に何ら影響を与えることなく、ユーザーに気づかれないうちに、Amazon Echoを盗聴デバイスに変えることができます。Alexa, are you listening?ht