腰痛から復帰の神戸弘陵・東が短期間の調整で力投神戸弘陵・東晃平、市尼崎・辻井亮汰。ドラフト候補と呼ばれるエース右腕の投げ合いは、やや荒れた幕開けとなった。17日の全国高校野球選手権兵庫大会3回戦、神戸弘陵-市尼崎の一戦。まず先にマウンドに立った辻井は、先頭打者を三振に斬って取ったものの、次打者を内野安打で出塁させ、その後右前適時打を許しあっさりと先制された。だが、その直後にマウンドに立った東も立