韓国が南北軍事会談などを北朝鮮に提案すると発表したことについて、中国外務省の陸慷報道局長は17日の定例会見で「両国が対話を通じて関係を改善し、和解と協力を進めることは両国の利益に合致するだけでなく、朝鮮半島情勢の平和と安定に役立つ」と述べ、歓迎する意向を示した。陸氏は「行き詰まった状況を解消し、対話を再開するため、両国が積極的に努力することを願う」とも述べ、国際社会にも支持を呼びかけた。(北京