韓国の朴槿恵前政権がサムスングループ内の問題に関連して政府として支援する方針を検討した文書が発見された。サムスンからの収賄罪に問われている朴前大統領の裁判に不利に働く可能性もある。韓国大統領府は14日、首席秘書官の部屋を整理した際に朴槿恵前政権で作成された文書などを発見したと発表した。文書には「サムスンの経営権の継承を機会として活用」「サムスンの課題解決には政府も相当な影響力を行使可能」などと