調査企業CB Insightsの最新データによると、AIやロボットの普及により1050万人の米国人が仕事を失う”ハイリスク群”とみなされるという。最もリスクが高いのは、食品加工業や調理に従事する人々だ。ファストフード業界では既にロボットの導入が進み、機械がハンバーガーのパティをひっくり返すのも珍しいことではない。マクドナルドは年内に2500店舗にタッチスクリーンで注文が可能なデジタルキオスクを導入しようとしている。株