[プラッツバーグ(ニューヨーク州)19日ロイター] - 米ニューヨーク(NY)連銀のダドリー総裁は、国内のインフレ率はやや低水準だが、労働市場の改善に伴い賃金と共に加速に向かうとして、米連邦準備理事会(FRB)は緩やかな利上げを継続することが可能との見方を示した。総裁は、失業率が4.3%に低下し、インフレ率は1.5%程度で推移する現在の状況は「極めて良好」と指摘。その上で「われわれは完全雇用に非