バイエルン・ミュンヘンはレアル・マドリー退団を希望しているとされるFWクリスティアーノ・ロナウドの獲得に動かないことを強調。カール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、クラブの公式ウェブサイトを通じてイタリアメディアによる報道を一蹴した。レアル・マドリーでこれまで不満を溜め込んできたとされるC・ロナウドは、マドリー検察からの脱税の容疑で起訴され、それをきっかけに退団を決意したとされる。そして