総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行が新規事業として申請していた個人向けの無担保融資業務を認可した。郵政民営化委員会が14日に「利用者の利便性が向上する」として、認可が相当との意見書を同省に提出していた。認可されたのは、貯金口座を持つ人に最大50万円を貸し付ける事業。現金自動出入機(ATM)での現金引き出しや公共料金の自動引き落としなどで、残高が足りない場合に不足分が自動で融資される。ゆうちょ