3Dプリントで作れない武器はもうないのかも...。2013年に世界初の3Dプリント銃が作られて以来、3Dプリンターと設計図さえあれば誰でも銃を作れてしまう時代が来ました。銃大国アメリカでは、すでに様々な銃機器が3Dプリンターで作られており、簡単に銃が製造できてしまうのは問題だと、設計図の配布が規制されるなどの対策も取られています。一方で言論の自由に反するとして抗議の声があがるなど、未だに物議を醸す分野であること