一向に好転しない庶民の生活も意に介さず、組織と自分の利益のために血税をしゃぶる。見よ、これが腐敗国家の“公僕”たちの姿だ!アベノミクスだ、株高だといわれても、しょせんテレビの中の話。相変わらず、実感する景気は悪いままという人がほとんどだろう。「日本銀行の昨年12月の意識調査では、暮らしに“ゆとりが出てきた”という回答はわずか4.6%。“どちらとも言えない”が52.3%、“ゆとりがなくなってきた”