8回、大嶺翔のバスターエンドラン成功で1得点一つでも先の塁を目指し、貪欲に1点を獲りにいくーー。今季のロッテ野球の姿が紅白戦で見えた。17日の紅白戦では、紅組(1軍)と白組(2軍)でサインを変えて、積極的に選手を動かした。象徴的だったのは、8回の紅組が攻撃した場面。2者連続四球で無死一、二塁とすると、大嶺翔太がカウント1-1から3球目でバスターで打球を左前に運び、エンドランを成功させた。大嶺翔は9回にもタイ