先月、福井県の高浜原子力発電所で工事用のクレーンが倒れ、関連施設の一部が損傷した事故をうけ、関西電力の岩根社長が資源エネルギー庁長官と会談し、事故を謝罪した上で再発防止を徹底する方針を説明した。関西電力・岩根社長「重大な事故を発生させてしまい、大変多大なご心配、ご迷惑をおかけしましたことを本当に申し訳なく、深くおわび申し上げます」資源エネルギー庁・日下部長官「高浜原発のクレーンの事故について