10日、韓国メディアによると、韓国・江原道鉄原郡の道路工事現場で対戦車地雷が爆発し、ダンプトラックの運転手が死亡した事件で、現場では事故が起きる数日前から何度も地雷が発見されていたにもかかわらず、工事が強行されていたことが明らかとなった。資料写真。Record China

韓国の「地雷峠」で工事を強行 作業中の男性が地雷を踏み死亡

ざっくり言うと

  • 16年11月、韓国の道路工事現場で対戦車地雷が爆発し、作業中の男性が死亡
  • 現場は「地雷峠」と呼ばれるほど、地雷が多く発見される場所だった
  • 事故の前日にも地雷が相次いで発見されていたが、工事は中断されなかった

ランキング