第1回「防災推進国民大会」が28日、東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)で2日間の日程を終え閉幕しました。主催は内閣府や防災関連団体でつくる実行委員会。第2回大会を来年11月に仙台で開催する予定です。世界的にみても発生しやすい地ワークショップ「東京圏の大地震にどう備えるか」では、9学会の専門家がそれぞれの研究成果を報告。多くの人々が詰めかけ、椅子に座れず立って聞く人たちが目立つなど、関心の高