ロボットが警備員の役割を果たすようになるのは、時間の問題だった。ピザの配達やファストフードの店員役をこなすロボットたちは、セキュリテイ分野に進出を開始した。シリコンバレーに本拠を置く、ナイトスコープ社(Knightscope)は、重量約130キロの警備ロボット「K5」を開発した。このロボットは既にサンフランシスコのウーバー関連施設をパトロール中の姿を目撃されており、最近はカリフォルニア州の各所で活動を開始したよう