日本の携帯電話はガラケーとも揶揄(やゆ)されることがある。日本市場で独自の発展を遂げた結果、世界市場ではシェアを獲得できず、国内市場も海外メーカーの製品によってシェアを侵食され、今では携帯電話事業から撤退してしまったメーカーも多い。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

日本の携帯電話が世界市場で淘汰されたワケ 中国メディアが考察

ざっくり言うと

  • 日本の携帯電話が淘汰された理由を考察した記事を中国メディアが掲載した
  • 記事はまず「日本人は柔軟さやスピードに欠ける」と主張
  • スピードが求められる携帯電話の開発は向いていないと指摘した

ランキング