戦後70年にあたっての「談話」で「侵略」「反省」などの言葉をちりばめるだけで日本が「侵略や植民地支配」を行ったという歴史認識は示さず、「反省」や「おわび」も自らの言葉で語ろうとしなかった安倍晋三首相が、参院予算委員会での日本共産党の山下芳生書記局長の質問でも首相談話や有識者懇談会の文言を繰り返すだけで、自分の言葉では答えようとしない無責任な答弁を繰り返しました。いくら口先で「侵略」や「反省」とは