ランキング

  1. 1

    三井住友カード発行のガールズ&パンツァーマスターカード

    思わぬ落とし穴も?専門家が指摘する危険性の高いクレジットカード3選

    リボ払いがデフォルトになっている「ガールズ&パンツァーマスターカード」

    日刊SPA!

  2. 2

    日本総領事館前の慰安婦像=2017年4月7日、韓国・釜山

    慰安婦問題で「まもなく計画発表」…韓国外相

    具体的な計画内容には触れなかったものの「まもなく発表する」とした同外相

    読売新聞

  3. 3

    近畿地方の地震で「長周期地震動」を観測  建物に深刻なダメージも

    近畿地方の地震で「長周期地震動」を観測 建物に深刻なダメージも

    ビルを大きく揺らすなど震度や震源からの距離だけでは測れない特有の揺れ

    テレ朝news

  4. 4

    プールのブロック塀が倒れ、三宅さんが下敷きになった現場(18日午前10時57分、大阪府高槻市の市立寿栄小前で)=尾崎孝撮影

    女児が下敷きになったブロック塀 高槻市が建築基準法に不適合と発表

    高槻市は小4女児が下敷きになったブロック塀は、違法建築物だったと公表

    読売新聞

  5. 5

    漫画「幸色のワンルーム」

    誘拐肯定か ドラマ放送取りやめ

    テレビ朝日は18日、7月開始予定の連続ドラマ「幸色(さちいろ)…

    朝日新聞デジタル

  6. 6

    Photo by iStock

    犬に驚いて転倒した男性が骨折 大阪府で飼い主に1284万円の賠償命令

    犬に驚いて転倒した男性が複雑骨折し、損害賠償を求める訴訟を起こした

    現代ビジネス

  7. 7

    強い地震に襲われた大阪の繁華街

    大阪で震度6弱 工場の稼働停止や小売・飲食店の営業中止が相次ぐ

    設備の被害などで多くの工場が稼働を停止し、小売店や飲食店も営業中止に

    産経新聞

  8. 8

    上田晋也(くりぃむしちゅー)

    くりぃむしちゅーらが絶賛の村田渚さん 2006年に急死した伝説の芸人

    2006年11月、クモ膜下出血により、この世を去ってしまった伝説の芸人だ

    テレビドガッチ

  9. 9

    大阪北部の地震 群馬県で起きた震度5弱の地震とは無関係との見方

    専門家は2つの地震について、規模や震源までの距離を見て無関係と判断

    産経新聞

  10. 10

    NGT48・中井りか 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

    NGT48中井りか「母に縁を切られました」文春の同棲報道に言及

    「文春砲」の報道について「関係はない、何もないです」と首を横に振るのみ

    オリコン

  11. 11

    地震の影響で混雑する関西国際空港のバス乗り場=18日午後3時57分(竹川禎一郎撮影)

    空港や駅では困惑する外国人の姿 サイトにも書き込みが相次ぐ

    慣れない地震に動揺するなどした訪日客に各鉄道会社は独自の方法で対応

    産経新聞

  12. 12

    飼い猫が脱走したらどうすればいい?

    地震の影響で飼い猫脱走との投稿相次ぐ 落ち着いて呼びかけを

    Twitterでは、パニックになった飼い猫が脱走したとの投稿が相次いでいる

    キャリコネニュース

  13. 13

    大阪府全域で公衆無線LANを無料提供「00000JAPAN」を選択

    大阪府全域で公衆無線LANを無料提供「00000JAPAN」を選択

    無線LAN対応の端末でWi-FiをONにし、SSID「00000JAPAN」を選択して利用

    ガジェット通信

  14. 14

    解任された栄監督「謝罪会見」の夜にキャバ嬢と焼き肉同伴【動画あり】

    パワハラ騒動の栄和人氏がキャバ嬢と焼き肉「同伴」謝罪会見の夜

    会見当日の夜、栄氏はキャバ嬢と飲食店へ行きステーキを頬張っていたという

    Smart FLASH

  15. 15

    81歳女性がタンスの下敷きで死亡 大阪府の地震による死者4人に

    自宅でタンスの下敷きになっているのを家族が発見したとのこと

    ライブドアニュース速報

  16. 16

    公式サイトをキャプチャ

    ツイッターで地震の情報発信続ける大阪市長 細やかな仕事に称賛の声

    ツイッターで情報を発信し続ける大阪市の吉村洋文市長が話題になっている

    キャリコネニュース

  17. 17

    採用面接で増える就活生の無断録音「法的問題になる恐れも」

    採用面接で増える就活生の無断録音「法的問題になる恐れも」

    「聞き直して改善点を見つける」などの理由だが「マナー違反」ともされる

    読売新聞

  18. 18

    <スウェーデン・韓国>クローソン(上)をエリア内で倒しPKを与えてしまった韓国代表DFキム・ミヌ(AP)

    ロシアW杯 韓国はスウェーデン相手に痛恨のVAR判定で黒星発進

    後半18分、ペナルティエリア内での激しい競り合いに、主審はVAR判定を指示

    スポニチアネックス

  19. 19

    無資格で中絶手術を行った医師2人が不起訴処分に 理由は明らかにせず

    無資格で中絶手術を行った医師2人が不起訴処分に 理由は明らかにせず

    2017年に業務上堕胎の疑いで書類送検されていた男性医師と女性医師

    日テレNEWS24

  20. 20

    評論家の呉智英氏

    漢字の丸暗記さえできない大学生を作る時代 現代的階級社会の出現

    某名門中学生が分かる漢字を、Fランク大学の学生は丸暗記さえできないそう

    NEWSポストセブン