「ヤクルト−中日」(25日、神宮球場)1回ヤクルトの攻撃で試合が中断し、球審が場内に説明する場面が発生した。1死一塁で一塁走者の山田哲が初球にスタート。打者のバレンティンは空振りし、捕手大野が二塁に送球したが、山田哲が先に到達した。しかし石山球審が山田哲に一塁に戻るように指示。空振りしたバレ