フェンシング男子エペで、5日のグランプリ(GP)大会(コロンビア・カリ)で日本人初の2度目のGP優勝を達成した見延和靖(31)=ネクサス=が21日、成田空港に帰国した。今季は絶好調で、世界ランクは2位まで浮上。「世界一が見えてきた」と、意欲を見せた。究極の目標は「歴史に名を残す最強のフェンサー」