240mオーバーランの運転士は拘束時間20時間 常磐線勤務の過酷さ

ざっくり言うと

  • JR常磐線で快速電車が240mオーバーランした問題を、筆者が取材している
  • JRの労働強化で、運転士の拘束時間は20時間を超え、疲労困憊しているという
  • 特に常磐線の勤務は過酷で、眠い・疲れたが合言葉になっていると伝えている
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド