13日(日本時間14日)の試合前、エンゼルス・ソーシア監督の囲み取材で一瞬、耳を疑う一言があった。「彼は、来年は投げられない」。彼、とは大谷翔平のことだ。大谷は5日(同6日)、6月に痛めた箇所とは別の右ひじ靱帯(じんたい)を損傷し、医師からは靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けるように勧告さ