江ノ島電鉄を支える作業員の仕事 10キロの線路を毎日歩いてチェック

ざっくり言うと

  • 12日の番組で、江ノ島電鉄を支える作業員たちの仕事が明かされた
  • 「保線班」という作業員が、全長10キロの線路を毎日歩いてチェックしている
  • 音を抑える対策をしたり、線路沿いの木を切って安全を確保しているという
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド