2000年4月に発売したシングル「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」でのデビューから、今年で10周年を迎えるLOVE PSYCHEDELICO。デビュー当時からJ-POPの枠に収まらないスケールの大きさを感じさせ、一昨年はLAに3ヶ月滞在して日常的に現地の音楽に触れてきた彼らに、外から見た日本について、文化や芸術に対する考えを聞いた。

インタビュー:LOVE PSYCHEDELICO「自分達のルーツに帰ろう」(2010年01月07日)

――「ABBOT KINNEY」の制作に際し、一昨年には3ヶ月間LAに滞在して現地の音楽に触れてきた際に、海外から見た日本の音楽シーンや、日本という国の文化について何か感じることはありますか?

NAOKI:いい所、悪い所はやっぱりあるよね。

KUMI:自分にとっては外に行けば行くほど、自分の居場所だなと思うし。東京に居たら息苦しかったりもするけど、やっぱり東京の面白さは…面白さなのかな?

NAOKI:LOVE PSYCHEDELICOって、東京発信だから面白い部分があるなというのは最近分かった感じがする。

KUMI:外に行くと、自分の居場所だなというのはすごく強く感じるね。日本は好きだよ。外に行けば行くほど、いい所の方が見えるかな。良くないわけじゃないけど、もっとゆとりがあるといいなとは思うけどね。ロスの西海岸なんかに行っちゃうとね、本当にもうゆとりだらけだから(笑)。

NAOKI:同じことだと思うけど、もうちょっと文化を大切にした方がいいなとは思う。芸術に対するリスペクトが足りない人もいるじゃない?

KUMI:日本って、せわしなくて余裕が無いから、情緒的なものだったり芸術とか文化を味わう暇が無いというか。

NAOKI:例えばMP3一つをとったって、ヨーロッパでは「CDをなかなか買えない地域の人まで音楽が聴けるなんて素晴らしいね」というような受け入れ方をされたりして、ずいぶん違うよね。

――僕らが把握しているだけでも、日本では毎週500から1000タイトルのインディーズを含めた国内盤CDが発売されるんですけど、いちアーティストだと大体1年に1枚のアルバムと、シングルは多い方だと5~6枚出される方もいて…。

KUMI:そんなに出すんだ!?すごいねー(笑)。

――リリースや情報が途絶えることによって、リスナーに自分達の存在を忘れ去られてしまうことに対する危機感があるのかもしれませんが、結果的に大量消費されていくことで、一つの作品に込められた想いが薄められていくようで、これで本当にいい作品が出来るのか疑問に感じたりします。

NAOKI:出来ないと思う。出来るわけがないじゃん(笑)。

KUMI:短期的にはあり得るかもしれないけどね。一生いいもの作り続けると言ったら、相当の超人だね。

NAOKI:また難しい所なんだけど、“いいものっぽいもの”は出来るかも?というね(笑)。今、コンピュータでプラグインとかソフトがいっぱいあるからね。本当はちゃんとマイクで拾ってやらなきゃいけないものを、プラグインでそれっぽく聴かせるとかやっていくと、なんとなくの人の耳は騙せちゃうみたいなさ、あるじゃない?でも、こうやって人にものを発信する芸術家が、本当はそんなことをやっちゃいけないと思うんだよね。ルネッサンスの時代にしても、建築物だってそうじゃん?芸術でみんなの心が豊かになって、その心が豊かになった人達がまた子を育てて。そうやって芸術が人間の生活と豊かに絡み合って、人間って進歩・進化してきていると思うんだよね。だから、芸術家が「時間が無いから、このプラグインで、ソフトでいいか」とか、「オルガンを入れたいんだけど、面倒臭いからパソコンの中の音源でオルガンを鳴らせばいいか」とかやっていったら…。芸術家という発想が無いんだと思うんだよね。NAOKI:ともすれば、もっと刹那的になると「コンピュータの中だけでやることの方が、今っぽくて格好いい」と思っちゃってる人も出て来てるかもしれないし。でももう一回、発信すること、夢を与えることに対しての責任というかさ、「その音楽を聴いて子供が育つかもしれない」と考えると、本当はCDなんてそんな簡単に作れないんだよ。ビートルズの時代から、音楽を作るためには金も時間も掛かるし、そういうことをちゃんとやっていかなきゃいけないんだろうな、というのはすごく思いますよ。だから今、ヨーロッパが元気になってきているのって、オートクチュール的な資本主義の考え方と、アメリカ型の資本主義の考え方って、同じ資本主義でも全然違うじゃないですか?…って、なんか堅い話だなぁー(笑)。

KUMI:いいんじゃないですか(笑)。

――美術や建築などの芸術にも関心があるのだと思いますが、音楽以外で癒しを感じたり、リラックスできるものは?

KUMI:私は結構、本が好き。言うほど読まないけどね。

NAOKI:メチャメチャ読んでるよね。話し掛けちゃいけないのかな?と(笑)。

KUMI:そんなことないよ(笑)、暇があればいくらでも読みたいけど。本は色んなことを教えてくれるからね。落ち着くし、どこでも楽しめるし。小説でもノンフィクションでも何でも好き。

NAOKI:俺は、絵が好きですね。本当は描きたいけど時間が無いし、昔は描くのが好きだったんだけど下手くそになっちゃったので(笑)。中世のイタリアのレオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロが好きですね。前にとある絵が東京に来た時は、5~6時間その絵の前に一人でずーっといて(笑)。

――あくまでイメージなんですけど、LOVE PSYCHEDELICOって、あまり日本にいなさそうなイメージを勝手に持っていて(笑)。制作以外にも色んな国に行ってそうだなと。

KUMI:(笑)。旅行は大好き。

NAOKII:KUMIは、レコーディング中でも旅行に行きますよ(笑)。

KUMI:だって去年は1年もレコーディングだったからね。でも、夏休みにパラオに一週間ぐらいしかいかなかった(笑)。海に行ったぐらいかなー。寒い所も、どこでも好き。調べたんだけど、南極点に行きたいんだよねー。

NAOKI:だって、KUMIはヒマラヤにも行ってるからね。普通、「海外旅行はどこに行きました?」とか聞かれて「ヒマラヤ」とか言わないからね(笑)。

KUMI:登った(笑)。一人で行っちゃうからね。

NAOKI:一ヶ月ずっと登り続けていたって、すごいよね(笑)。

KUMI:南極半島まで船で行くツアーは50~60万円で行けるんだけど、南極点になると900万円ぐらいするの!さすがに行けないなーと思って。

NAOKI:あと300万円ぐらい足したらさ、大気圏に…。俺は寒いだけより、そっちの方がいいなー(笑)。

――宇宙に興味があるんですか?

NAOKI:大好きですねー。俺よく「Newton」とか買ってるよね(笑)。

KUMI: NAOKIは科学系だね(笑)。

――目に見えないものというか、スピリチュアルな話が好きなアーティストの方って多いですよね。

NAOKI:音楽って、目に見えないものだから。

KUMI:そういう意味で、目に見えないものは信じるよね。NAOKI:目に見えないものを信じられないのは、人間の傲慢さだと思う所もあって。音楽って目に見えないものだけど、歌詞が分からない、どこかの国の音楽でも胸に刺さるじゃない?これって魔法みたいだと思うんだよね。もし本当にこれがただの音符で、ただの音色だったら、これだけの科学があって、それこそプラグインで「泣けるラッパの音色」とかがあって(笑)、一番泣けるメロディーを奏でたら、それが最高峰になっちゃうと思うんだよね。例えばビートルズよりも全然上手い演奏の達人が4人集まってビートルズを演奏しても、やっぱりビートルズの“何か”を越えられないじゃん?音楽って、そういうものだと思うの。「それは何ですか?」と科学的に検証して、「リンゴ・スターがハイハットを叩く角度と、今あなたが真似たハイハットとは、スティックを叩く角度が20度違います」とか、そういう話じゃないじゃん?

映像が無くても耳で聴いているだけでも、人の気持ちだったり想いが入ってくるのは、やっぱり魂というか、言葉にも「言霊」という発想があるように、そういうものがきっとあるんだよね。例えば「嫌い」とか「悪魔」とか意味が分からなくても、聞いたらいい響きじゃない言葉っていっぱいあるじゃない?それってやっぱり、昔の人がただ名前を付けただけじゃなくて、絶対に何かそこからの波動を拾っていると思うのね。英語の「I」って「私」というのと、日本語の「愛」って「LOVE」だったりするじゃない?なんか近いようで遠いようで、リンクするような言葉がたまにあったりすると「すごく素敵だなー」と思ったりする。そういう目に見えない部分を信じてレコーディングしていた部分はすごくあるよね。マイクって音を封じ込めるんじゃなくて、時を封じ込めるんだみたいな。そういう哲学は色々とレコーディングに入るまでにもって臨むよね。

――では最後に、今後に向けて何か考えていることはありますか?

KUMI:2010年はライブをやるけど、それ以外は特に考えてないねー(笑)。

NAOKI:こういうアルバムを作りたいとか、いつ出すとか、そういうのは知らないけど、また「そろそろやる?」という気になる日が来るのを楽しみにしている感じだよね。俺達、呑気だねー(笑)。

KUMI:呑気だよー!マイペースだし(笑)。元々、そういう計画的な所はあんま無いね。

NAOKI:ワクワクしだしたら、もうずっとやっていたいので、なるべく早くそうなるといいね。

――去年はARABAKI ROCK FEST.やWORLD HAPPINESSなどのフェスにも参加されましたが、今年もライブは増やしていきたいですか?

KUMI:うん。ライブはいつももっとやりたいと思っているんだよね。私達の場合、制作にすごく時間が掛かるから(笑)。やっぱり新作が無いと、なかなかライブは出来なくて。

NAOKI:それは、この2年間で痛感したよね(笑)。

KUMI:新曲が無いとね、自分達の今の感じを伝えきれない所もあったりして。もちろん昔の曲を演奏していても楽しいし、エンターテインメントにはなるんだけれども。やっぱりそれじゃあ物足りなくて、自分達でも新曲が欲しいし。それで新曲を作っていると時間が掛かっちゃって、という感じで(笑)。欲求としては、もっとライブをやっていたい。

NAOKI:ちょっと先になっちゃうけど、6月と7月に5本は決まっているので、ひょっとしたらもっと増えるかもしれないという感じで。でも、何らかの形でライブは増やしていきたいと思うし。仕事としてじゃなくて、日常的に音楽をやるということを。

KUMI:その感覚はあるからね。だから「何か生まれるだろう」みたいな感じはあるよね。

NAOKI:ツアー中でも変にピリピリすることなく、東京に戻ってくればスタジオに行って何か曲を作っていたり。それぐらい日常に音楽があるよね。それが今一番幸せなことだし、気が付いたら10年、こんなにアマチュアイズムを持ったまま、楽しく音楽をやっていられるというのはすごく幸せだなと思う。

LOVE PSYCHEDELICO ニューアルバム「ABBOT KINNEY」特集