去る9月22日(土)、テレビ朝日のバラエティ番組『大胆MAP』で「人気アニメキャラクターの声をやっている人の顔を全部みせちゃうよ!ベスト50」というゴールデンタイム特番が放送されました。まあ要するに声優さんに「顔出し」の出演交渉をするというものだったのですが、これがアニメファンの間で大不評! 私も見ましたが、声優さんに交渉するタレントの言動に失礼なものが多く、テレビ用の演出と考えても明らかに問題があるようにみえました。プロの声優に対するリスペクトに欠けるというか、そもそも交渉する際に相手の名前を言わず「●●の声をやってる方ですか」と本人に聞くというのは社会人としてどうなのかと。

あと気になったのが一般投票で選ばれたというランキングそのものです。制作上の都合で多少ランキングが変わっていたとしても、私はそれほど気にはしませんが、それにしても今回の内容はあまりに不自然に思えました。もしかしたら考え過ぎで、一般的にはあのようになるのかも知れません。

どうにもスッキリしなかったので、今回は客観的に番組で公開されたランキングを洗い出してみることにしました。ランキングは「声優さんの顔が見たいキャラクター」が1位~50位の順で並んでましたが、ここではランクインした「番組名」に注目して年代ごとに並べ替えてみます。何かの参考になれば幸いです。

(※年表注)
(例)1971年~1972年★『ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ:2作目)』順位:11、18
■年数は放送開始年~放送終了年。
■主にテレビ作品を掲載(一部劇場用作品あり)。
■()内は放送局と、同タイトルでまぎらわしいものはシリーズ何作目かを記入。
■シリーズが複数制作された作品には「★」を付けて制作年ごとに掲載。
■番組名の横にランキング入りしたキャラクターの順位を全て記入。

----- 1960年代・ランクイン作品 -----
●1980年~1981年★『鉄腕アトム(日本テレビ:2作目)』順位:30
●1968年~1971年『巨人の星(日本テレビ)』順位:29
●1968年~1969年★『ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ:1作目)』順位:11、18
●1969年~1970年『ハクション大魔王(フジテレビ)』順位:40
●1969年~1970年★『ひみつのアッコちゃん(テレビ朝日:1作目)』順位:38
●1969年~放送中『サザエさん(フジテレビ)』順位:12
(※年表注)『巨人の星』は上記の第1作目のみをカウントし、続編の『新・巨人の星(1977年)』『新・巨人の星II(1979年)』は除く。

(ランク外の有名作品)
『鉄人28号(1963年)』『オバケのQ太郎(1965年)』『ジャングル大帝(1965年)』『リボンの騎士(1967年)』『サイボーグ009(1968年)』

1960年代はテレビアニメの草創期。作品数も多くありませんし、ここはそれほど問題ないでしょう。個人的には過去にテレビシリーズ4作品が制作された『鉄人28号』や、キャラクターが西武ライオンズのマスコットでもある『ジャングル大帝』などは、ランクインしてもいいような気はしますが……。

----- 1970年代・ランクイン作品 -----
●1971年~1972年★『ルパン三世(日本テレビ:1作目)』順位:9、15、19、24、25
●1971年~1972年★『ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ:2作目)』順位:11、18
●1972年~1974年★『ど根性ガエル(テレビ朝日)』順位:41
●1974年『アルプスの少女ハイジ(フジテレビ)』順位:20
●1975年~1982年『一休さん(テレビ朝日)』順位:47
●1977年~1979年『ヤッターマン(フジテレビ)』順位:39
●1977年~1980年★『ルパン三世(日本テレビ:2作目)』順位:9、15、19、24、25
●1978年~1981年『銀河鉄道999(フジテレビ)』順位:6
●1979年~1980年『機動戦士ガンダム(テレビ朝日)』順位:21、48
●1979年~放送中『ドラえもん(テレビ朝日)』順位:1、34、40、50
(※年表注)『ドラえもん』は日本テレビ版(1973年)は除く。

(ランク外の有名作品)
『あしたのジョー(1970年)』『いなかっぺ大将(1970年)』『天才バカボン(1971年)』『デビルマン(1972年)』『科学忍者隊ガッチャマン(1972年)』『マジンガーZ(1972年)』『新造人間キャシャーン(1973年)』『エースをねらえ!(1973年)』『キューティーハニー(1973年)』『宇宙戦艦ヤマト(1974年)』『未来少年コナン(1978年)』

『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー』といった永井豪原作のアニメは軒並みランク外。第一次アニメブームを語る上で絶対に外せない『宇宙戦艦ヤマト』や、宮崎駿の代表作(第1回監督作品)『未来少年コナン』もスルー。うーん、なんだか怪しくなってきました。投票したのはおそらくアニメ好きな人達が多いと思うのですが、それにしては……。

----- 1980年代・ランクイン作品 -----
●1980年~1981年★『鉄腕アトム(日本テレビ)』順位:30
●1981年~1982年★『新・ど根性ガエル(日本テレビ)』順位:41
●1981年~1987年『忍者ハットリくん(テレビ朝日)』順位:31
●1981年~1986年★『Dr.スランプアラレちゃん(フジテレビ)』順位:32
●1983年~1986年★『キャプテン翼(テレビ東京)』順位:46
●1984年『風の谷のナウシカ(劇場公開)』順位:23
●1984年~1985年★『ルパン三世(日本テレビ:3作目)』順位:9、15、19、24、25
●1984年~1987年★『北斗の拳(フジテレビ)』順位:28
●1985年~1987年『タッチ(フジテレビ)』順位:7
●1985年~1988年★『ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ:3作目)』順位:11、18
●1986年~1989年★『ドラゴンボール(フジテレビ)』順位:5、49
●1987年~1988年★『北斗の拳2(フジテレビ)』順位:28
●1988年~1989年★『ひみつのアッコちゃん(フジテレビ:2作目)』順位:38
●1988年『となりのトトロ(劇場公開)』順位:27、44
●1988年~放送中『それいけ! アンパンマン(日本テレビ)』順位:10、26
●1989年~1996年★『ドラゴンボールZ(フジテレビ)』順位:5、49
●1989年~年1回★『ルパン三世TVSP(日本テレビ)』順位:9、15、19、24、25

(ランク外の有名作品)
『六神合体ゴットマーズ(1981年)』『うる星やつら(1981年)』『魔法のプリンセス ミンキーモモ(1982年)』『超時空要塞マクロス(1982年)』『キン肉マン(1983年)』『魔法の天使 クリィミーマミ(1983年)』『キャッツ・アイ(1983年)』『ハイスクール!奇面組(1985年)』『めぞん一刻(1986年)』『聖闘士聖矢(1986年)』『シティーハンター(1987年)』『きまぐれオレンジ☆ロード(1987年)』『美味しんぼ(1988年)』『笑ゥせぇるすまん(1989年)』『らんま1/2熱闘編(1989年)』

名作が多い1980年代に関しては、さすがに疑問が湧いてきます。特に『うる星やつら』がランク外というのは納得いきません。あたるや面堂はともかく、この企画でヒロインのラムが入ってこないというのは不自然極まりないと思うのですが……。あとは『キン肉マン』『キャッツ・アイ』『ハイスクール!奇面組』『聖闘士聖矢』『シティーハンター』『きまぐれオレンジ☆ロード』といったジャンプ黄金時代の作品の多くがランク外というのも非常に気になります。

----- 1990年代・ランクイン作品 -----
●1990年~1992年★『ちびまる子ちゃん(フジテレビ:1作目)』順位:4、45
●1992年『紅の豚(劇場公開)』順位:42
●1992年~放送中『クレヨンしんちゃん(テレビ朝日)』順位:3
●1994年~1995年★『キャプテン翼J(テレビ東京)』順位:46
●1995年~放送中★『ちびまる子ちゃん(フジテレビ:2作目)』順位:4、45
●1996年~1997年★『ドラゴンボールGT(フジテレビ)』順位:5、49
●1996年~1998年★『ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ:4作目)』順位:11、18
●1996年~放送中『名探偵コナン(日本テレビ)』順位:2
●1997年~1999年★『ドクタースランプ(フジテレビ)』順位:32
●1997年~2002年★『ポケットモンスター(テレビ東京)』順位:8、13
●1998年~1999年★『ひみつのアッコちゃん(フジテレビ:3作目)』順位:38
●1999年~放送中『ONE PIECE -ワンピース-(フジテレビ)』順位:22、35、37

(ランク外の有名作品)
『ふしぎの海のナディア(1990年)』『美少女戦士セーラームーン(1992年)』『幽☆遊☆白書(1992年)』『魔法騎士レイアース(1994年)』『新世紀エヴァンゲリオン(1995年)』『こちら葛飾区亀有公園前派出所(1996年)』『おじゃる丸(1998年)』『カードキャプターさくら(1998年)』『おジャ魔女どれみ(1999年)』

作品のメジャー感は1980年代と比べると全体的に控えめになってますが、それでも『新世紀エヴァンゲリオン』などは無視できません。ところがこれがなんとランク外! 綾波やアスカが、まる子や友蔵に負けるとは……。あと『美少女戦士セーラームーン』がランク外なのも疑問です。同じテレビ朝日系列の『Yes! プリキュア5』はランクインしていますが、どちらがより広く知られているかと考えた場合『美少女戦士セーラームーン』に軍配が上がると思うのですが……?

----- 2000年代・ランクイン作品 -----
●2001年~2002年★『キャプテン翼(テレビ東京)』順位:46
●2002年~2006年★『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション(テレビ東京)』順位:8、13
●2002年~2007年★『NARUTO-ナルト-(テレビ東京)』順位:14
●2003年~2004年★『アストロボーイ・鉄腕アトム(フジテレビ)』順位:30
●2004年~放送中『ケロロ軍曹(テレビ東京)』順位:16
●2006年『涼宮ハルヒの憂鬱(UHF局)』順位:36
●2006年~放送中★『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール(テレビ東京)』順位:8、13
●2006年~放送中『きらりん☆レボリューション(テレビ東京)』順位:17
●2007年~放送中『Yes! プリキュア5(テレビ朝日)』順位:33
●2007年~放送中★『ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ:5作目)』順位:11、18
●2007年~放送中★『NARUTO-ナルト-疾風伝(テレビ東京)』順位:14

(ランク外の有名作品)
『フルーツバスケット(2001年)』『テニスの王子様(2001年)』『機動戦士ガンダムSEED(2002年)』『鋼の錬金術師(2003年)』『ふたりはプリキュア(2004年)』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2004年:地上波放送)』『おねがいマイメロディ(2005年)』『時をかける少女(2006年:劇場公開)』

2000年代になるとジャンルの細分化・先鋭化が進み、「みんなが知ってるアニメ」は非常に少なくなってしまいます。それでも『テニスの王子様』『鋼の錬金術師』などは根強い人気があるので、入っていてもおかしくないと思うのですが……? 腑に落ちないのは、フルバ、テニプリ、SEED、ハガレンがランク外という中、『涼宮ハルヒの憂鬱』はしっかり入っているという部分。確かに話題作でしたし私も好きですが、あまりに浮いているというか……。

以上、自分なりに調べてみましたが、やはり素直に納得はできませんでした。シリーズが複数制作された「★」マーク付きの作品が多いのは理解できますが、明らかに入ってないと不自然な作品が見受けられた部分は、どう考えたらいいんでしょうか。一般投票で集計したランキングというならば、もう少し視聴者が納得できる内容になると思うのですが……。

とにかくアニメファンの間でテレビ朝日の評判は絶賛下落中ですので、これ以上イメージを落とさないためにも、企画の段階からあらゆる点を練り直して、より良い番組作りをしていただきたいと思う次第です。1位を水田わさび(ドラえもん)でお茶を濁している場合じゃありません。どうせなら三石琴乃(のび太のママ)の声優業の歴史をドキュメンタリーで丸々2時間かけて流してもらうとかの方が100倍嬉しいです(アニメ映像多用で)。量より質でお願いします!


■カオス通信バックナンバー
超絶に必見!秋の新『ガンダム』『ハニー』『カイジ』+αの過激解説
エヴァもドラゴンボールも実写化!日本アニメに群がるハリウッド
ヱヴァンゲリヲンはもっと高く飛べるはず ~劇場公開初日出撃編~
ガンダム芸にニュータイプ出現!富野監督も観た"がんだむ講談会"
カオス通信バックナンバー一覧

■こちらもオススメ!ライブドア独自コラム
独女通信 | 拝啓、イエ男くん


レッド中尉(れっど・ちゅうい)
プロフィール:東京都在住。アニメ・漫画・アイドル等のアキバ系ネタが大好物な特殊ライター。企画編集の仕事もしている。秋葉原・神保町・新宿・池袋あたりに出没してグッズを買い漁るのが趣味。

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.