大阪府警富田林署から脱走して48日、ようやく加重逃走と万引の疑いで逮捕された樋田淳也容疑者(30)の大胆な逃走生活がわかってきた。

山口県周防大島にある道の駅の岡崎竜一支配人は先月18日(2018年9月)、テントで寝泊まりしていた樋田容疑者を倉庫に泊めた。樋田容疑者は「お礼に」と、日本一周中の男性とともに軽トラックの荷台一杯分の草刈りをしたそうだ。

記念撮影にも応じ、笑顔でピースサイン

1週間滞在し「多くの方からいただいた声援を忘れず、必ず日本を一周します」と、『桜井潤弥』の偽名で手紙を書いていた。記念撮影にも応じ、サングラスを額の上にあげ、笑顔でピースサインまでした。

岡崎さんは「人なつこく話しかけてくるタイプで、まさか樋田だったとは」とまったく疑わなかったが、携帯電話や免許証、保険証を持っていないことには違和感を持ったという。その後、隣町で弁当を万引きする姿を防犯カメラがとらえている。

近藤春菜(お笑い芸人)「大胆にしなければ疑われると演じるうちに気分がよくなったのでは。本当に日本一周をしていると思い込んでいた感じがする」

司会の加藤浩次「なんか美男になっちゃって、考えられない動きをしたな」