タレントの中川翔子が、7月29日にドラゴンクエストシリーズ最新作が発売された喜びをブログで爆発させ、自身が書いたドラクエのイラストを公開している。

 同日発売されたのは、ドラクエのナンバリングタイトルとしては11作目となる『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』。通称「ドラクエ11」は、2012年に発売された『ドラゴンクエストX オンライン』(「ドラクエ10」)以来、5年ぶりとなる新作で、3DSとPS4でプレーすることができる。

 中川はアニメ、特撮、アイドルなどに造詣が深いことで知られているが、テレビゲームも彼女の守備範囲だ。昨年には、「ドラゴンクエスト」シリーズを題材としたアリーナショー『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』に出演し、『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場するアリーナを演じている。

 多くのテレビゲームファンが待ち望んだ「ドラクエ11」の発売は、中川にとっても一大事件だったようだ。発売日に日付が変わった29日午前1時過ぎ、中川は、「ドラクエ発売日きたあああああああああ」「生きてドラクエ11発売日を迎えられたあああああああああああ」「やったあああああああ」と、大興奮のコメントを公開。

 本物かと見紛うようなプロ顔負けのイラストを公開した。そして中川は、「早朝にコンビニで受け取ります」「はやくねます」「たのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみたのしみやったあああああああああああああいああああ」と、ワクワクが抑えきれないまま眠りについたよう。

 テレビ、ラジオ、ライブほか、多忙な中川だが、多くのドラクエファンと同様、しばらく寝不足が続くことになりそうだ。


(画像はすべて中川翔子オフィシャルブログより)