14日放送の「さんまの番組向上委員会SP」(フジテレビ系)で、明石家さんまが、女優・相武紗季にマジギレの過去を明かした。

番組では、スペシャルドラマ「女の勲章」(同局)に出演する相武がさんまへのクレームを語ることに。かつて、相武がさんまと舞台で共演した当時、稽古の合間の雑談でも、さんまが欲しがる「決めのオチパターン」があったという。

しかし相武は、さんまのネタ振りに気づけず、「パターン笑い」ができなかった。すると、さんまから「お前、オモんないな」とマジで怒られ、ガックリしたそうだ。相武によると、そのときのさんまは「すごい冷たい目で見て、フイって(目逸らし)する」という。

さんまとしては、わかりやすいネタ振りで、脚本の読み合わせなどのとき、相武にお菓子を「おいしいでー」と渡すと、相武が「それはないでしょう…ほんまや!」と反応するというパターンだった。

だが、相武は「そうですか」と普通に食べてしまい、さんまは「ちょっと待てと! はあ!? 何してんねん、お前は! 言うて」「2、3回殴ってやろうと思った」と当時の憤りを語る。

さんまの笑いへの執着に、宮迫博之は「本読みでしょ? まず本に集中しましょうよ!」と苦言を呈した。ほかの芸人勢も続くと、さんまは「ただの女優で終わってほしくないねん!」と声を荒げ、笑いを誘っていた。

【関連記事】
明石家さんまが「さんタク」の放送が3ヶ月延期になった経緯を明かす
明石家さんまが励まされたビートたけしの言葉 「まだ登ってる最中」に感心
明石家さんま 木村拓哉から失態を注意されたと明かす「直接怒られました」