5日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、ナインティナインの岡村隆史が、有名歌手が芸能人パワーを使おうとするも失敗していたことを明かした。

番組では、岡村が温泉旅館で、芸能人として特別な待遇を受けたエピソードを披露。岡村は「芸能人だから良くしてもらうこともある」と語った。

その流れで、岡村は、とある歌手が行った恥ずかしい振る舞いを明かした。舞台は、岡村の「夢の国の海バージョン」との発言から、東京ディズニーシーを指していると思われる。

その歌手は深く帽子を被った状態で、ディズニーシーのレストランに入店したが、案内を受けた席に不満があったらしく、窓際の景色が良い席への変更を希望したのだとか。

しかし、歌手が希望した席は予約されていて使えないと従業員は断ったそうだ。すると、それまでうつむき加減だった歌手はいきなり帽子を脱ぎ、「◯◯ですけど!」と名乗ったのだという。

歌手の名前を聞いた店員は怯むことなく、「存じ上げてます。それでもできません」と断ったのだとか。

岡村は「さすがでしょ、夢の国」と従業員の対応を褒め、そして「赤っ恥ですよ」と歌手の振る舞いを笑い飛ばした。

最後までその芸能人の名前は明かされなかったが、岡村によれば「なかなかのヒット曲飛ばしました。みんなが知ってる歌手の方」ということだ。

【関連記事】
ナインティナイン・岡村隆史がロックバンド・back numberのラジオ番組に録音があると漏らす
岡村隆史が若手芸人を見下しているグラビアアイドルに憤慨
岡村隆史が自宅に風俗嬢を呼んだと大胆告白

もっと詳しく