成田空港からオーストラリア・ゴールドコーストに向かう機内で、日本人の男がポルノ雑誌を見ながら自慰行為に及んでいたことが、他の乗客の証言で明らかになった。25日付で台湾・自由時報が伝えた。

英紙ミラーによると、騒ぎがあったのは先月29日のジェットスター便。恋人と共に搭乗した29歳の男性パターソンさんは、離陸後しばらくして恋人から「横に座っている日本人の男が体を触ってくる」と打ち明けられた。男のテーブルには酒瓶が何本も置いてあったため、パターソンさんは客室乗務員にすべて下げさせた。

ところが、日本人の男は今度はポルノ雑誌を見始め、ノートパソコンでわいせつビデオを検索、ズボンを下ろして自慰行為を始めた。パターソンさんによると、客室乗務員は明らかに気付いていたが何もしなかった。ゴールドコーストに到着後、パターソンさんは日本人の男を逮捕するよう警察に通報した。その後、ジェットスターから謝罪があり、男をブラックリストに載せたと説明されたという。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

外部リンク

もっと詳しく