2015年1月19日、韓国・国民日報によると、韓国の人気アイドルグループ・miss Aのメンバー、スジが持っていたことがきっかけで、韓国で「慰安婦スマホケース」が品切れ状態になっている。

【その他の写真】

元慰安婦が作った作品を販売する「Marymond」はこのほど、ホームページ上で、空港で撮影された写真の中でスジが持っていたスマホケースが品切れになっていると発表した。

16日、中国での仕事を終えたスジは韓国に入国する際、華やかなスマホケースを手に持っていた。その写真を見た韓国のネットユーザーの間で「元慰安婦が作った作品だ」とのうわさが広まり、注文が相次いだ。「Marymond」の商品の収益はすべて、元慰安婦のための事業に使われている。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「顔も心も美しい」
「天使かと思った」
「スジもかわいいし、スマホケースもかわいい」
「芸能人の影響力は半端ない。こういう人がもっと増えてほしい」

「素晴らしい行動だ。この美しいスマホケースを韓国中に広めたい」
「流行に飛びつく韓国人はどうかと思うけど、結果的に慰安婦の方々を助けられるならいい」

「デザインが華やかでかわいい。元慰安婦が作ったと聞いてもっと欲しくなった。たくさん買って、海外の友達にもプレゼントしたい」
「元慰安婦のおばあさんたちのためにも、一度で終わらせずに長く続けてほしい」(翻訳・編集/篠田)

外部リンク

「韓国の話題」をもっと詳しく