プロ野球・読売ジャイアンツの?お騒がせ王子?がまたやらかした。

 先発陣の一角に名前を連ねる澤村拓一投手(26)が六本木のクラブで暴行事件を起こしていたことを、週刊文春(文藝春秋)12月25日号が明らかにしたのだ。

 実はこのスクープ、本サイトが11月にいち早く報じている。「」のタイトルで報じたもので、実名こそ伏せたが澤村が起こしたトラブルについて速報を打ったものだ。

球団が手を回して示談、被害届は取り下げに

 改めて騒動を振り返ると、警察沙汰を起こしたのは10月8日。

 日本シリーズ進出を賭けた阪神タイガースとのクライマックスシリーズ(CS)の直前、港区六本木のクラブで若者グループのトラブルになり、うち1人に対して暴行を働いたというのだ。

「現場は2012年に暴走族『関東連合』OBらによる襲撃事件が起きたクラブが入居していたビル。澤村はそこで、20代の男性と揉めて相手にけがを負わせてしまったようだ」(事情を知る飲食店関係者)

 関係者によると、その場には同じく巨人の主力である内海哲也投手(32)も同席したといい、もう1人別の選手がいたとの情報もある。

 暴行を受けた男性が警視庁・麻布署に被害届を提出。本サイトがこの一件を取り上げる直前には、複数の週刊誌が当局への「裏取り」に動いたが、なぜ今まで明るみに出なかったのか。

「すぐに球団側が手を回して、相手との示談を済ませたようです。被害届も取り下げてしまったので事件化することもなかった。文春のほか、一部のスポーツ紙や夕刊紙もトラブルの内容を把握していたようですが、球団との付き合いもあるし事件になっていなければ記事にすることはできません。それでトラブルは闇に葬られるはずでした」(マスコミ関係者)

 ところが、2か月以上が経過した今ごろになって、結局トラブルは世に出ることとなった。

「球団の『もみ消し工作』が失敗に終わったか、あるいは何か別の事情があるのか。いずれにせよ、満足な成績も残せていないにも関わらず、夜のトラブルが絶えない澤村が、今後苦しい立場に追い込まれるのは間違いありません」(同前)

 読売新聞は週刊文春の取材に対し、「一部重大な事実誤認がある」としているが、澤村の騒動事態があったことはどうやら間違いないようだ。

 「球界の盟主」を直撃した激震は、しばらく収まりそうにない。

(取材・文/浅間三蔵)

「澤村拓一」をもっと詳しく