12個連なった「子」の字、何のことかわかりますか? これは日本に昔から伝わる言葉遊びで、「ねこのこ、こねこ、ししのこ、こじし(猫の子子猫、獅子の子子獅子)」と読みます。嵯峨天皇が国を治めていた平安時代に、文人・小野篁に対して出した問題だとか。子という漢字には、「ね」(十二支ではネズミ)、「こ」(女性名に多い)、「し」「じ」(音読み)の4通りの読み方があります。これに気づいた小野篁は、正解を言い当てたそうです。

※画像は本文と関係ありません

(OFFICE-SANGA 山下まちか)

外部リンク

「日本の文化」をもっと詳しく