運動量を必要とするサッカー選手は一見、喫煙とは無縁そうだが、実は喫煙が発覚した選手は多い。

しかもその中には、ジダン、バルテズといったワールドカップ優勝メンバーから、バロテッリ、ルーニーといった現在のスター選手まで、超大物も含まれている。

一流選手が喫煙するのは結果を出しているから容認されるべきとの意見もあるようだが、なかには罰金を課されたケースも。

そこで、喫煙が発覚したおもなサッカー選手をまとめてみた。

喫煙発覚のウィルシャーが「ジダン喫煙画像」をTwitterにアップ


アーセナルのジャック・ウィルシャーは2014年7月、バカンスを過ごしているラスベガスのプールサイドで煙草を口にしている写真が英メディアで報じられた。

のちにウィルシャーは謝罪したが、実は2013年10月にもロンドンのナイトクラブで喫煙している姿を撮影され、謝罪している。
//2013年の喫煙が発覚した当時、ウィルシャーはなぜか現役時代のジネディーヌ・ジダンが喫煙している画像を自身のTwitterに投稿。「念のため言っとくけど…オレはタバコ吸わないから!」とツイートしていた。


platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8">
//ジダンは、2006年ドイツ・ワールドカップ期間中、フランス代表の練習後にタバコを吸っていた場面を激写されている。ウィルシャーが投稿した画像は当時のものだ。

一服しないと練習しないブラン、バルテズ


ファビアン・バルテズはこれまでに喫煙シーンを「激写」されていたが、ウィルシャーの喫煙が発覚すると、元イングランド代表のポール・スコールズは元チームメートのローラン・ブランとバルテズの2人が喫煙者であったと暴露した。

英紙によれば、スコールズは「朝のマンチェスター・ユナイテッドの更衣室は煙で充満していたものだったよ。なぜなら、ローラン・ブランとファビアン・バルテズはタバコが終わるまで練習に参加しようとしなかったからね」と語ったという。

ちなみに、ブランとバルテズはジダンとともに1998年ワールドカップ優勝メンバーだ。

吸い過ぎ?のバロテッリ


マリオ・バロテッリは、2014年ワールドカップ後のバカンス中、喫煙している姿を撮影された。

2013年4月にも、電車の車内トイレで喫煙しているところを見つかり、クラブ側から罰金を科せられている。

マンチェスター・シティ時代にも、煙草の本数の多さにマンチーニ監督から怒られたというから、相当な本数を吸っているのかもしれない。

ルーニーも喫煙シーン激写された過去


ウェイン・ルーニーも喫煙者として知られている。

スナイデルもプカプカ
//ブラジルW杯でもオランダ代表として大活躍したウェズレイ・スナイデルも、2013年のオフ中に喫煙しているところを撮影されている。

ドイツ代表エジルも一服


メスト・エジルは、バカンス中に喫煙しているシーンを撮影されている。

アシュリー・コールも喫煙を認める


元イングランド代表のアシュリー・コールも、かつて喫煙していたことを認めている。現在では吸っていないと言っているが…。

喫煙がサマになりすぎているベルバトフ
//元マンチェスター・ユナイテッドで現ASモナコのディミタール・ベルバトフも喫煙者。タバコと同じくらいシガーも吸うようだ。

クリロナの前で一服のコエントラン


レストランの出口でチームメイトのクリスティアーノ・ロナウドと会話を交わしながら一服していたようだ。

メッシにも喫煙疑惑が報じられた過去
//2011年のバカンス中にタバコのようなものをくわえているリオネール・メッシが撮影されている。しかし、火はついていないので喫煙したかは藪ならぬ煙の中。

ネイマールそっくりさんが喫煙?


2013年12月にはイタリア紙で、ブラジル代表のネイマールが喫煙していると思われる写真が掲載され、世界に衝撃を与えた。

しかし、ブラジルメディアによれば、実際に写真に写っていたのは、ネイマールのそっくりさんということらしい。

【関連記事】
日本代表選手から世界のレジェンドまで サッカー選手使用スパイクまとめ
サッカーW杯で本田圭佑がスタメン落ちの香川真司にかけた男前な言葉
内田篤人選手がCAから次々と電話番号を渡されていたエピソードをウエンツ瑛士が暴露