【新華網】 シンガポール紙「聯合早報」によれば、海面上昇の脅威を受け、インド洋のモルディブ共和国はオランダの建築会社を招き、浮島を建造して高級別荘地とする計画を進めている。185カ所の高級別荘地を設ける予定だ。
この計画は5つの湖の不動産開発プロジェクトの一環で、プロジェクトには会議センターやゴルフ場の建設計画も含まれる。
高級別荘地は海に浮く花びらのように浮き沈みする。しかし設計会社の建築士、Koen Olthuis氏によると、これらの別荘は地上に建てられるものと同様に丈夫だ。浮島は油田掘削設備の建築技術を駆使する。こうした高級別荘の建設を通じて水上住宅の建造技術のレベルを向上させる。また、水害による苦しみを緩和するため、技術をバングラデシュなどの国にも応用することができるという。
(翻訳 劉英/編集翻訳 恩田有紀)


外部リンク