ネット右翼(ネトウヨ)といえば2ちゃんねるのような掲示板に書き込みするなど、その活動はネット上が中心だった。だが、最近は街に出たり、ネット上でも新手法を駆使したりするケースが増えている。ここでは昨年のフジテレビデモ事件を振り返ろう。

 昨年8月21日に行なわれたフジテレビへの抗議デモが恐らくネトウヨ最大の事件と言えよう。きっかけは、7月23日に俳優・高岡蒼甫(現・蒼佑。女優・宮崎あおいの前夫)がツイッターに書いた次のつぶやきだった。

「8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。しーばしーば。うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど。取り合えず韓国ネタ出て来たら消してます」

 公然とテレビ局を批判した高岡を所属事務所は許さず、高岡はクビになるのだが、この話題を巡って2ちゃんねるのニュース速報系の板ではそれまでで最高となる522ものスレッドが立った。

「フジテレビがあまりにも韓国を推している」「反日テレビ局である」といった論調が一気に高まり、「フジテレビ反日の歴史」なるものもまとめられた。たとえばこんなものがある。

【1】韓国で行なわれるサッカーの日本対韓国の試合を画面上で「韓日戦」と書いた。
【2】なでしこジャパンがW杯で優勝した時の表彰式の様子をOAしなかった。
【3】フィギュアスケート選手・韓国のキム・ヨナが優勝した時には韓国の国旗掲揚、国歌演奏場面をノーカットで放送したのに、浅田真央が優勝した時には日の丸の掲揚、君が代の演奏場面をカットした。
【4】韓国ドラマが多過ぎる。
【5】『笑っていいとも!』が女性を対象に行なった「好きな鍋」アンケートで、20代〜60代まですべての世代で「キムチ鍋」が一番になっていた……。

 そして、ネット上の呼び掛けにより、“韓流偏向”とされたフジテレビへの抗議デモ(「フジテレビデモ」と言われる)が行なわれるに至ったのである。1回目は8月7日で、約500人が参加、2回目の8月21日は約5000人が参加したとされる。その後も各地で同様のデモが発生している。

 それまで「家で引きこもってPCのモニターの前にしかいない」と思われていた彼らネトウヨが、一斉に外に出て行動したという点は画期的だった(ただし、デモ参加者全員がネトウヨというわけではないようだ)。(文中敬称略)

※SAPIO2012年8月22・29日号

外部リンク