1990年代にメジャーデビューを果たして以来、世界各国の音楽ファンから絶大な支持を受け続けている英ロックバンド、レディオヘッド。土曜日にはカナダで待望のコンサートが開催され、大勢のファンが詰めかけたのだが、ここでとんでもない悲劇が起こってしまった。

レディオヘッドが土曜日にコンサートを行う予定だったのは、カナダのトロントにあるダウンズビュー・パークであった。コンサート開始に先立ち、会場には大勢のファンが詰めかけていた。「今か今か」と待っていたそのとき、屋外に設置されていた巨大ステージが突然崩壊。その場にいたファンの1人が残念ながら命を落とした他、3名が負傷。うち1名は病院に救急搬送され手当てを受けたという。人気バンドだけに当日のチケットはすでに完売していたが、この大事故の発生により即キャンセルが決定した。

すでに崩壊したステージは撤去され事故原因についての調査が進行中だが、数々の大きなコンサートを開催してきた同会場だけに「どうして?」という声が多くあがっている。だが、このような事故はこれまで皆無だったわけではない。昨年夏にはシュガーランドのコンサート会場で同様の事故が発生。インディアナ州の会場で発生した同事故で命を落としたファンの数は7名におよび、40名以上が負傷する大惨事となったのだ。

ステージの設置方法やオーディエンスの入場時間、その他設けられているはずの規定に問題は無かったのか。不幸にも命を落としてしまったファンのご冥福を、心からお祈りしたい。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)