『最も成功したソロ・アーティスト』として、ギネス記録にも認定されているキング・オブ・ロックンロールことエルビス・プレスリーの死亡原因が最近になって明らかになった。彼の長い友人で、晩年の10年間主治医を務めた医師が、このほど死亡の真相を明らかにした。心臓発作で亡くなったと伝えられているが、実は便秘で死亡したのではないかと明らかにしている。

エルビスの主治医であったジョージ・ニコポウラス博士(別名ニック博士)は彼と長く親交があり、1977年8月16日彼が亡くなるのを看取り、死亡後の解剖検査にも立ち会っている。エルビスは便所で倒れ、心臓発作で42歳の若さで亡くなったとされている。陰謀により殺害されたとの噂もあるのだが、博士は「かねてから処方薬の飲み過ぎで、不整脈があったのは確かだ。しかし、それ以前から慢性の便秘にも悩まされていた」と説明し「彼の死亡直後、実は運び込まれた病院でも、死亡原因についての意見が分かれた」と心臓麻痺だけが原因ではなかったことを語っている。そして、博士はエルビスの死亡原因について、ずっと研究を続けて来た。

晩年のエルビスは、過度のストレスから過食症に陥りジャンクフードを食べまくっていた。そのため体重が激増。おまけに睡眠薬も服用しており、体調は悪くなる一方であった。博士は慢性の便秘に苦しむエルビスに、人口肛門手術を受けてみてはどうかとアドバイスをしたのだ。だが、彼はプライドが許さずに拒否したそうだ。博士は、エルビスの死亡原因と、彼との思い出を綴った書籍を出版することを計画している。

ちなみに『便秘』は侮ると大変怖い病気だ。重度の場合には、便が直腸にコンクリートのように詰まるほどだ。便が出ないと腸内にガスが溜まり、腹痛・嘔吐などを引き起こすこととなる。さらに悪化すればショック症状を起こし、死に至るようだ。エルビスの便秘による苦痛も、相当のものであったのではないだろうか。

エルビス・プレスリー・・・アメリカのロックンロールミュージシャン。ロックに多大な影響を与え、キングオブロックンロールと呼ばれている。

Screenshot from economicvoice.com.This image is used in accordance with copyright law number 32.

このニュースの元記事を読む

■関連記事

「エルビス・プレスリー」をもっと詳しく