ジャニー喜多川社長のお気に入りメンバーを集めて01年に結成、翌年5月にはシングルCDを発売し、冠番組『Ya-Ya-yah』(テレビ東京)を持つなど、猛プッシュを受けていたJr.内ユニット・Ya-Ya-yah。

 KAT-TUNなきあとのJr.を支え、次期デビュー候補として期待された彼らだが、4人のメンバーのうち薮宏太、八乙女光だけが昨年11月、Hey! Say! JUMPとしてデビューしてしまった。

「Ya-Ya-yahファンの間では、残された2人のメンバーとグループ自体の今後を心配する声も上がっていました。そんな中、メンバーのひとりである鮎川太陽が事務所を退所したようです。正式に発表がなかったが、11月末日で、携帯公式サイト『ジャニーズウェブ』上にあった鮎川の着信ボイスが消滅。
雑誌やテレビ番組の収録にも参加しなくなり、それと同時に、同サイトからグループ名も削除されました」(ジャニーズに詳しいライター)

 これは、Jr.が消えていくときの典型的なパターン。ちなみに、もうひとりのメンバーである山下翔央は、Jr.として活動を続けていく模様。彼の場合は弟もJr.であり、兄弟ユニットの結成を期待するファンもいるが、「今回デビューを逃したとなると、年齢的にも次は厳しい」(同)と見られている。

 同じようにメンバーの半分がHey! Say! JUMPとしてデビューしてしまったJ.J.Expressも、雑誌などからグループ名が消え、事実上の解散となった。

「Jr.にとって、参加ユニットの消失は死活問題。03年にNEWSがデビューした際も、メンバー供給源となったFOUR TOPS、K.K.Kityという2つのJr.内ユニットが解散に追い込まれ、残されたメンバーの仕事量も激減しました。そのまま飼い殺しにされることを考えれば、鮎川のようにキッパリ進路を変えるのも、英断かもしれませんね」(同)

 一時は栄華を極めたグループも、消えゆくときはなんとも儚いもの。これも、使い捨てが当然なJr.の宿命なのだろうか?
(竹辻倫子・平松優子/「サイゾー」3月号より)

【関連記事】 映画『クロサギ』は、あびるとの愛を貫く山P最後の晴れ舞台 !?
【関連記事】 ジャニーズ、ネットで画像解禁! クライアント様には敵わない?
【関連記事】 グダグダ剛にガンバル嵐 ジャニーズ番組などいらない!?
【関連記事】 謝罪が番宣 !? ドラマ主演で復帰の内博貴への期待
【関連記事】 保守化『サンデージャポン』希望は不倫ディレクター!?
【関連記事】 バカネタ・下ネタ、なんでもOK!“バラドル”急増のナゼ?
【関連記事】 グダグダ剛にガンバル嵐 ジャニーズ番組などいらない!?
【関連記事】 バラエティ最前線でウン10年 大物司会者四天王はもう限界!?
【関連記事】 アッキーナブログが突如閉鎖 その裏には日テレとの“大人の事情”が……
【関連記事】 『ロンハー』の「格付け」から梨花が消えちゃった理由
【関連記事】 “萌え”の力が教育を変える? ベネッセが最終兵器を投下!
【関連記事】 グラビアの次はDVD!? 萌え議員ついにアイドルデビューか?
【関連記事】 本性むき出し! TBS女子アナの陰湿小林麻耶イジメ
【関連記事】 パンチラ狙う不届き者も? 文学賞贈呈式での報道陣の過熱ぶり
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 しょこたん涙目? ブログ完全移籍と大人の“裏”事情
【関連記事】 絶好調の浅田真央がゲイたちから“袋叩き”の怪

■サイゾー 関連リンク
日刊サイゾー マスメディアでは報じない日本の「深層」を伝えています
サイゾー裏チャンネル サイゾーの公式ケータイサイトがついにオープン!

「ジャニーズ」をもっと詳しく